MetaMask(メタマスク)とは?作成方法・使い方をご紹介 - フォビジャパン情報サイト

MetaMaskは、イーサリアム(Ethereum)をWebブラウザで管理するためのお財布アプリです。DApps(分散型アプリケーション)やブロックチェーンゲームの多くは、イーサリアムを利用する前提で作られているため、MetaMaskがあることでうまく連携できます。

暗号資産取引所を通じてイーサリアムを購入し、自分のウォレットに入金すれば、すぐに使うことが可能です。この記事では、MetaMaskの作成方法や使い方を解説します。

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアムをWebブラウザで管理するためのウォレットアプリです。DApps(ダップス)と呼ばれる分散型アプリケーションやブロックチェーンゲームと連携することができ、さまざまな場面で利用できます。

MetaMask(メタマスク)の使い方

よくある暗号資産取引所で購入した暗号資産をMetaMaskに送るという流れを簡単に解説します。MetaMaskをインストール後、暗号資産取引所の公式サイトにアクセスします。はじめて利用する場合は、暗号資産取引所で口座の開設手続きを行います。

口座が開設されたら、暗号資産取引所のウォレット(暗号資産の預入・送付・保管などの機能を持つWeb上の財布のようなもの)に日本円を入金します。デフォルトでイーサリアムの入金に対応しているので、送金用のイーサリアムを購入します。

次に、購入したイーサリアムを、暗号資産取引所の送金画面からMetaMaskのウォレットアドレス(MetaMaskのアカウントを作成すると割り当てられる個別のアドレスで、銀行口座番号のような役割)へ送金します。そして、MetaMaskでイーサリアムの着金を確認できれば、MetaMaskのウォレットに保管されたイーサリアムを使ってさまざまなサービスを利用できるようになります。

暗号資産のウォレットにはいくつかの種類がありますが、MetaMaskの場合は「デスクトップウォレット」と「モバイルウォレット」の2つのタイプとなっています。MetaMaskを通じて、DAppsの利用料金の支払いやブロックチェーンゲームでの課金決済を行うことが可能です。

MetaMask(メタマスク)ではトークンでの保管ができる

MetaMaskでは、イーサリアムのトークン規格であるERC20に準拠したトークンの保管が可能です。

トークンとは、ブロックチェーン技術を使って発行された暗号資産を指します。通常のトークンは、規格によって対応するウォレットが異なりますが、ERC20に準拠したトークンは、1つのウォレットで一元的に管理できるので便利です。

ERC20とは

イーサリアム(Ethereum)とは

MetaMask(メタマスク)のインストール方法

MetaMaskを利用するには、まずウォレットを作成する必要があります。

ここでは、対応ブラウザや初期設定の行い方、インストール方法について解説します。

対応しているブラウザ

MetaMaskは、以下のブラウザに対応しています。

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Brave
  • Opera等

どのブラウザでも基本的なインストール方法は同じなので、ここではGoogle Chromeでの手順を紹介します。

MetaMaskをインストールするには、Chromeウェブストアにアクセスして、画面右上に表示される「Chromeに追加」をクリックしましょう。ポップアップが表示され、「拡張機能を追加」をクリックするとMetaMaskのインストールが完了します。

初期設定の行い方

MetaMaskのインストールが完了したら、次に初期設定を進めます。

MetaMaskのアイコンをクリックして、「Start」を選択しましょう。

新規作成の場合は、「Creating a Wallet」をクリックして「Privacy Policy here」と青字で書かれた部分へ進みます。

個人情報の取り扱いに関するページが表示されるので、内容をチェックして問題なければ「I Accept」(同意する)を選択してください。

そして、画面が切り替わるので最低8文字のパスワードを設定します。

パスワードを設定したら、「利用規約に同意する」をチェックし、「作成」を選択します。

パスワードの設定が終わると、「シークレット リカバリー フレーズ」(Secret Recovery Phrase)という12個の単語が記載された画面が表示されます。これはパスワードを忘れたときの復元用パスワードであり、ウォレットを復元するために必要となります。

シークレット リカバリー フレーズ以外に復元する方法がないので、必ず保存しておきましょう。

シークレット リカバリー フレーズを保存したら「次へ」をクリックし、保存したシークレット リカバリー フレーズを順番にクリックして「確認」「全て完了」の順にクリックします。ここまでの作業が済めば、MetaMaskの初期設定は完了です。

また、MetaMaskは日本語での表示が可能です。アプリの画面右上に表示される丸いアイコンから設定でき、日本語を選べばすぐに反映されます。

スマートフォン版のMetaMask(メタマスク)インストールする方法

MetaMaskはiOS版、Android版がリリースされており、「MetaMask」と検索し、インストールをすることでスマートフォンでの利用も可能です。iOSの場合はApp Storeから検索をするか、公式サイトにアクセスしてダウンロードします。

スマートフォン版もウォレットの作成方法や初期設定の行い方などは変わらないので、手順に従って入力を進めてみましょう。メニュー画面などは日本語に対応しており、スムーズに使うことができるはずです。

MetaMask App Store版

MetaMask Google Play版

ウォレットへの入金手順

ウォレットの作成が完了したら、MetaMaskに暗号資産を入金してみましょう。

ここでは、入金の基本的な手順やDeFiとの接続方法について解説します。

入金するための基本的な流れ

ウォレットに入金するためには、まず暗号資産取引所を通じてイーサリアムを購入しましょう。ERC-20トークンを追加したい場合は、MetaMaskの管理画面から手動で追加する必要があります。

MetaMaskに入金するには、ブラウザ画面の右上に表示されるアイコンをクリックします。

アカウント名の横にある「…」をクリックして、「Copy Address to clipboard」を選択するとウォレットアドレスがコピーされます。

このアドレスあてに暗号資産取引所からイーサリアムを送れば、しばらくしてからMetaMaskでの着金が確認できるはずです。

なお、送金する際は手数料が引かれるので、残高不足にならないように注意しましょう。

イーサリアムの購入方法

ネットワークとの接続方法

MetaMaskでは、対応ネットワークの設定には注意が必要です。デフォルトではイーサリアムネットワークのみの対応となっているため、ほかのネットワークを使うときは手動で追加する必要があります。

管理画面の右上に表示されている「イーサリアム メインネット」をクリックし、「カスタムRPC」を選択します。この画面から、ポリゴン(Polygon/Matic)などのネットワーク設定が可能です。ネットワーク名、RPC URL、チェーンID、通貨シンボル、ブロックエクスプローラのURLをそれぞれ入力すれば、設定が完了します。

例としてHuobi ECO Chainをネットワークを追加する手順を解説します。

Huobi ECO Chain(フォビエコチェーン)とMetaMaskの連携方法【PCの場合】

まずはネットワークの公式ページから連携に必要な情報を探します。Huobi ECO Chainは以下のURLにネットワーク連携情報があります。テストネットではなくメインネットと連携します。
https://docs.hecochain.com/#/wallet

この公式の情報をMetaMaskに入力していきます。

メタマスク設定方法PC

ブラウザ右上にあるMetaMaskのアイコンをクリックするとMetaMaskの情報を表示されるます。

①ネットワーク名をクリックするとドロップダウンメニューが開きます。ここで現在、連携しているネットワークとネットワーク追加ボタンが出てきます。

②ネットワーク追加ボタンをクリックするとMetaMask設定(設定 > ネットワーク > ネットワークを追加)の画面に遷移します。

③公式ページから必要な情報を入力していきます。2022年5月時点でのHuobi ECO Chain連携に必要な情報は以下の通りです。

  • ネットワーク名:
    heco-mainnet
  • 新しいRPC URL:
    https://http-mainnet.hecochain.com
  • チェーンID:
    128
  • 通貨記号:
    HT
  • ブロックエクスプローラーのURL:
    https://hecoinfo.com

*ネットワークの連携でご自身で公式の情報を調べながら慎重に実施して下さい。ネットワーク連携によるトラブルによる当社は一切の責任を負いません。

③の情報を入力後、保存ボタンを押して「イーサリアムメインネット」と表示されていた箇所が「heco-mainnetと表示されれば、連携成功です。

また、スマートフォンアプリからもネットワーク連携できますが、画面遷移が少々異なります。

Huobi ECO Chain(フォビエコチェーン)とMetaMaskの連携方法【スマホアプリの場合】

パスワードを解除してアプリを開きます。

①メニューバーをタップしてメニューを開きます。

②画面下の方にある設定メニューをアップします。

③設定画面の中のネットワークをタップします。

④ネットワークの追加をタップして、その次の画面でネットワーク連携に必要な情報を入力します。⑤に入力する情報は【PCの場合】の③と同じ情報になります。

以上がネットワークと連携する方法になります。

MetaMask(メタマスク)の利用で気になるポイントと対処法

MetaMaskの利用にあたって、セキュリティ面や操作方法などで気になる部分もあるでしょう。ここでは、MetaMaskを利用する際に気になる点を紹介します。

セキュリティ

MetaMaskは便利なツールではありますが、使い続けるうえでは利便性だけではなく安全性も気になるところです。インターネットに常時つながっているホットウォレットであるため、ハッキングのリスクについて不安を持つ方も多いでしょう。

MetaMaskには送金時に2段階認証やメール認証などのセキュリティが基本的にありません。設定したパスワードや12個のシークレットリカバリーフレーズが分かれば資産が盗まれてしまうため、パスワードやシークレットリカバリーフレーズの管理は厳重に行う必要があります。12個のシークレットリカバリーフレーズはクラウド等のオンライン上では管理せず、紙に記載して保管する等オフラインでの管理が推奨されています。

残高不足で送金できない

MetaMaskで送金を行う際に、「Insufficient balance for transaction」という表示が出てきて、うまく送金できないことがあります。これは送金手数料を含めると残高が不足していることを意味しており、送金する量を減らすことで解決可能です。

イーサリアムを送金する際は手数料が引かれるので、残高がギリギリの場合によく起こる現象です。送金前は残高を確認したうえで送金量を決めましょう。

エラー表示でログインができない

MetaMaskにログインをする際に、パスワードを入力してもロード中の状態が続くケースがあります。何らかの要因で読み込めなくなっているだけなので、冷静に対処することが肝心です。

使っているブラウザを再起動してログインし直すか、PCを再起動してログインすれば不具合が解消する場合が多いです。スマートフォン版をインストールしている場合は、スマートフォンでのチェックもあわせて行ってみましょう。

まとめ:MetaMask(メタマスク)を使いこなして利便性を高めよう!

MetaMaskはDAppsやブロックチェーンゲームを利用するときに便利なアプリであり、一度設定を済ませてしまえば、スムーズに入出金の管理が行えます。イーサリアム以外にも、さまざまなネットワークに対応しているので、用途にあわせて設定を変更してみましょう。

MetaMaskを利用するときは、推測しづらいパスワードを設定し、復元パスワードが流出しないように気をつける必要があります。スマートフォン版のアプリも活用すれば、さらに利便性を高められるでしょう。

*本ページは当社が信頼できると判断した情報に基づくものですが、その信憑性、正確性、完全性を保証するものではありません。