ERC-20とERC-721の違いについて解説! - フォビジャパン情報サイト

2015年、イーサリアムが登場し、ブロックチェーンを利用したアプリが容易に作れるようになりました。

DApps(分散型アプリケーション)を構築し、スマートコントラクトを活用することで、銀行口座を持っていない人(unbanked)や十分な金融サービスを享受できていない人(underbanked)が、預金口座の開設やローンの利用、資産の取引などの金融サービスを利用できるようになりました。そんなDApps構築によく利用されるイーサリアムの代表的な規格を2つ紹介します。

ERC-20規格とは

スマートコントラクトの人気が高まるにつれ、ユーザーはトークンのような役割を持つコントラクトを作成するようになりました。これがさらに盛んになると、イーサリアムのスマートコントラクトを使用してトークンをコーディングするための様々な規格をすべて把握することは困難な作業であることが判明しました。

これらの初期のイーサリアムのスマートコントラクトを利用して作成されたトークンは、同じ情報を同じ規格で提供していなかったため、トークンのエコシステムが相互に作用し、相乗効果を得ることが難しくなっていました。

そこで、ERC-20規格が提案されたのです。ERC-20は、2015年にFabian Vogelsteller氏によって作成されました。ERC-20規格はスマートコントラクト内にトークンの標準API(Application Programming Interface)を実装することができます。またERC-20規格はイーサリアムブロックチェーン上の標準プロトコルであり、利用者はトークンを交換したり、暗号資産のウォレットに転送したり、共有したりすることができます。

この標準化により、プログラマーは共通のルールに基づいてトークンを設計できるようになり、イーサリアムブロックチェーン上でトークンを使用することが容易になり、ERC20に準拠したICOが実施されています。

ERC-20トークンの規格化された内容は以下の通りです。

  • Token name
  • Symbol
  • Decimal (up to 18 places)
  • totalSupply
  • balanceOf
  • transfer
  • transferFrom
  • approve
  • allowance

ERC-20トークンでは、最初のコンポーネント(構成要素)であるToken name、Symbol、Decimalは任意ですが、残りの6つのコンポーネントは必須です。

ERC-20トークンのコンポーネント(構成要素)

ERC-20規格を構成する各コンポーネントには、ユースケースと目的があります。

  • Token Name – トークンの名称をユーザーに伝える。 例:Ether、UniSwap、Dash
  • Symbol – トークンのティッカーシンボルを示す。 例:XRP、ETH、UNI
  • Decimal (Up to 18 places) – 小数点以下(最大18桁まで)トークンがどれだけ分割可能かを決定する。
  • totalSupply – トークンの総供給量を示す。
  • balanceOf – 所有者のアカウント残高情報を提供する。
  • transfer – 総供給量からユーザーアカウントへの一定数のトークンの転送を可能にする。
  • transferFrom – あるユーザーから別のユーザーへのトークンの転送を許可する。
  • approve – 支出者が特定のアカウントから特定の数のトークンを引き出すことを可能にする。
  • allowance – 支出者から所有者に設定された数のトークンを返す。

ERC-721規格とは

ERC-721トークンは、一般的にNon-Fungible Tokens(NFT)と呼ばれています。ERC-721規格は、William Entriken氏、Dieter Shirley氏、Nastassia Sachs氏によって策定されました。NFTは、開発者が任意のデータまたは任意の形式のデータの所有権をトークン化することを可能にします。これにより、ブロックチェーン上で何がトークンとして表現できるかが見えてきました。

ERC-20規格と同様に、ERC-721にも独自の規格があります。それらは以下のような問題に対処しています。

  • 所有権はどのように決定されるのか?
  • トークンはどのように作成されるのか?
  • トークンはどのように破棄されるのか?
  • トークンはどのように譲渡されるのか?

NFT(非代替性トークン)とは?

ERC-20と ERC-721の主な違い

ERC-20とERC-721の主な違いは、ERC-20トークンが代替可能で分割可能であるのに対し、ERC-721トークンは非代替性で分割できないことです。

これは、ERC-20トークンが単一の資産を表し、交換可能であるのに対し、ERC-721トークンはそうではなく、資産クラスを表すことを意味します。

ERC-721のゲーム業界のユースケース

ゲーム業界でその非代替性を活かした例があります。その一例がAxie Infinityです。これは、Ethereumネットワーク上に構築されたPlay-to-earn型のクリプトゲームです。プレイヤーは、クエストをクリアしたり、他のプレイヤーとバトルしたりすることで、Axie Infinity Shardトークン(AXS)とSmall Love Potion(SLP)を獲得できます。

また、プレイヤーは、ゲームキャラクターであるAxiesをブリードし、新たなユニークなAxies を手に入れることができます。Axies は、ERC-721トークンを使用して所有・管理することができます。ERC-721トークンとして、ユニークなAxiesをマーケットプレイスで他のユーザーと売買することができます。

NFTの実際のユースケース

NFTの用途は、デジタルコレクションやアート作品だけではありません。NFTをオフラインの物理的なアイテムと連動させるユースケースもあります。

その一例が、物流業界の課題を解決するためのブロックチェーン技術の活用です。ブロックチェーンは不変かつ透明であるため、これによりサプライチェーンデータの信頼性、一貫性、真正性を保つことができます。

NFTは、私達の世界にある唯一の物理的なアイテムを連動させることができるため、この業界にとって有益なものです。物理的なアイテムにNFTを割り当てることで、その製品の生産、輸送、販売に関するメタデータを追跡することができます。

イタリア製の限定品のハンドバッグを例に取ってみましょう。このバッグにNFTを割り当て、スキャンすると、このバッグがいつ、どこで作られたかというメタデータのタイムスタンプが表示されるのです。

ハンドバッグがサプライチェーン内を移動する際、プロセスの各段階で新しいタイムスタンプがメタデータに追加されます。

ハンドバッグが小売店に到着すると、受け取りのタイムスタンプが押されます。ハンドバッグの正確な履歴を見ることができ、その真正性と輸送経路を確認することができます。

NFTのユースケースは現実的には限られたものですが、美術品やコレクターズアイテムの管理でその価値を発揮し、業界内での足がかりとなっています。

NFTについて解説した動画はこちら
【動画でわかる!】NFTとは?

*本ページは当社が信頼できると判断した情報に基づくものですが、その信憑性、正確性、完全性を保証するものではありません。