暗号資産(仮想通貨)とは?ビットコインって? - フォビジャパン情報サイト

初心者の方に、暗号資産(仮想通貨)の仕組みやメリットについてわかりやすく解説します。

1. 暗号資産(仮想通貨)ビットコインってなに?

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上で流通する電子データですが、決済や送金に使えるお金に似た機能を持っています。

2021年6月現在、数多くの暗号資産の中で、ビットコインは最も知名度や時価総額が高い暗号資産です。

特徴:

1. 一種のデジタルデータ
お札や貨幣のようなカタチを持たず、インターネット空間で存在し、管理される新たな資産です。

2. 法定通貨と交換できる
円やドルなどの法定通貨と交換でき、日本を含め多くの国の人からその価値を認められています。ビットコインを法定通貨とする国家もあります。

3. 現実の世界で使える
ゲームの世界のお金と違って、現実世界での買い物や送金、投資にも利用でき、徐々にビットコインの利用シーンは拡大しています。

ビットコインの仕組み:

ビットコインとは(動画解説)

ビットコインはインターネット上で流通する電子データです。日本円や米ドルなどの法定通貨と違い、中央銀行や公的な発行体が存在しません。ブロックチェーン技術を利用してインターネット上で管理される分散型(P2P)通貨なので、特定の発行機関に限定されることなく、自由に取引することが可能です。

詳しくはこちら

2. 暗号資産(仮想通貨)を使って何ができるの?どんなメリットがあるの?

暗号資産(仮想通貨)にできること

1. 投資

暗号資産(仮想通貨)は、需給のバランスによって価値が変動するため、投資や投機対象としても注目されています。価値の変動による値鞘での利益を狙う短期投資や、将来性を見込んで、長期で保有する長期投資等があります。24時間365日取引でき、フォビジャパンでは”2円”からビットコイン等の暗号資産の購入が可能です。

2. 送金

送金先のアドレスさえ知っていれば、24時間365日国内でも海外でもどこにでも送金する事ができます。通常数十秒から数十分程度で着金し、手数料も安いため、国内外問わず気軽に送金できます。

3. 決済

現金やクレジットカードと同様に、暗号資産決済に対応したECサイトやお店で、商品やサービスの代金の支払いに利用できます。国内外で両替することなく決済に利用できます。

3. 暗号資産(仮想通貨)の入手方法は3つ!

1. フォビジャパンなどの暗号資産交換業者で購入する

2. 持っている人から貰う

3. マイニングで報酬を得る*
*ビットコインのマイニング(採掘)は年々難易度が高くなっているため、個人でのマイニング参加は現実的ではありません。

4. 安心して取引できる暗号資産(仮想通貨)交換業者を選びましょう!

安心して取引できる暗号資産(仮想通貨)交換業者を選ぶとき、以下のポイントをチェックしましょう。

1. 企業の信頼性
大切な資産を預けるため、何より信頼できる企業であることが絶対条件です。金融庁に「暗号資産(仮想通貨)交換業者」として登録されている、暗号資産(仮想通貨)交換業者を利用するようにしましょう。

2. セキュリティ対策
セキュリティ体制が万全な暗号資産(仮想通貨)交換業者ほどハッキングリスクが低いと判断できます。二段階認証や情報の暗号化、コールドウォレットの活用などの対策が行われている暗号資産(仮想通貨)交換業者を選びましょう。

3. 取引画面の見やすさ・取引ツールの使いやすさ、豊富さ
在宅時はパソコンで取引することは多いかもしれないですが、外出中はスマホアプリが必須となるでしょう。スマホアプリに取引に必要な機能がすべて搭載されているか、スマホでの操作が簡単にできるか、チャート分析ツールは分かりやすく見やすいかなど、しっかり検討し使いやすい暗号資産(仮想通貨)交換業者を選びましょう。

4. 取り扱い暗号資産(仮想通貨)の豊富さ
暗号資産(仮想通貨)の取り扱い銘柄は各社異なります。最低でも主流の5銘柄(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)に対応したところを選ぶのがオススメです。また、日本円だけでなく、イーサリアム/ビットコインのような暗号資産同士の銘柄ペアも豊富であれば、より多くの投資戦略を立てることが可能です。